1. ホーム
  2. セルロースファイバーの安全性評価>
  3. 2020年3月 セルロースナノファイバーの安全性評価手法に関する文書類を公開

2020年3月 セルロースナノファイバーの安全性評価手法に関する文書類を公開

(2020年3月26日)

国立研究開発法人 産業技術総合研究所と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)、王子ホールディングス株式会社、第一工業製薬株式会社、大王製紙株式会社、日本製紙株式会社は共同で、NEDOの委託事業「非可食性植物由来化学品製造プロセス技術開発」によって、セルロースナノファイバー(CNF)を取り扱う事業者などの安全管理を支援することを目的に、CNFの安全性評価手法に関する文書類(セルロースナノファイバーの検出・定量の事例集、セルロースナノファイバーの有害性試験手順書、セルロースナノファイバー及びその応用製品の排出・暴露評価事例集)を作成し、公表しました(関連ページに移動)。

 

リンク

これらの文書を無償でダウンロードできます。

産総研ニュースリリース

NEDOニュースリリース